人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

出会い系で初めて人妻女性とデート、そして、

30歳も過ぎた独身の男盛りの男性ですが、暇に任せては通勤途上で「もしかしたら」という思惑と期待を持って出会い系アプリを楽しみながら見ているのです。 実は男の処理というか精力(性力)が有り余っているときには、お金が有って始末をしたいときは風俗などで男を処理していますが、やはり風俗というところは安サラリーマンの私どもにはお金が予想以上に掛かってしまいますし、相手がプロということで気持ちの通じ合いというのはありませんし、終わったあとなどはむなしい感じにもなります。

そんな時に思い立ったのが出会い系サイトというか出会い系のアプリでした。 此れは少々の加入金などで登録しておけば、若しかしたら女性と知合いになるかもしれないとか、紹介してもらえるかも、という有り難いシステムだと思ったのです。

掲示板などの書き込み欄にはそれなりのプロフ(簡単なプロフィール)などの文言を記入すると、暫くすぎてはいたが何処からとも無く折り返しの返事が来たようなのです。 文体は素直な書き出しでメールが返ってきたので、早速、アプローチ開始してみたのですが、 初めの内は、まだ半信半疑で実際は内心はドキドキでした。

取敢えず安心させられたのは彼女が人妻、又はバツイチの元人妻という方で、其の方が私自身の写メを見たいといってきたことです。 早速、真面目な振りをして私の写真を送付しましたが、其れが案外信用されたらしく写メを交換するようになって、その後はデートへとつながったのです。 

勿論、出会い系で知合って初めてのデートでもあり、而も、若しかしたら不倫相手ということもあって、果たして待ち合わせを何処にしようかと思案したのですが、やはりよく知られている駅前のコーヒー店にしました。 そして、彼女は無事に、本当に、実際に目の前にあらわれたのです。 その彼女、面たちは10人並という普通の女性のようでしたが、やはりご年配だけ有って何処か落ち着いた雰囲気のある方で、着飾ったワンピース姿が女性らしい身体のラインを作り出していて、しかも、細型の身体はとても色っぽくもあって素適だったのです。 

その後、チョット品のいい居酒屋風のところでお酒を飲みながら軽く食事をし、そして、男の私から彼女の耳元へ囁くように、「これから貴方と男と女のお楽しみですが、よろしいででしょうか」と、ごく自然にそれとなく訊ねてみたのです。 元より、こうして二人で有っているということは目的は唯一つで、彼女は既に其れを承知しているはずですし、気持も決しているらしく、素直に承知したようで首を縦に振ったのです。 

そして、二人は腕を組んで街の明かりをたよりに、私の過去に知っているラブホテルへとためらい無く向かったのです。 ラブホテルの部屋の中というのは、男女を優しくつつんでくれるところでもあり、ムードタップリのつくりや演出がしつらえてあるところなのです。 そのような雰囲気の中で、はじめて彼女にソットキスしました。 彼女は優しく受け入れてくれたのです。

実は、私もそうですが彼女も「しばらくぶりですわ」といっていたので、あとは男女の関係を結ぶということで、二人は激しく萌えたのでした。


2018-08-01 | Posted in 出会い系体験談 

関連記事