人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

地方の営業所転勤で女日照りになった私を満たしてくれた熟女

地方の営業所転勤で女日照りになった私を満たしてくれた熟女
T県 35歳 キーヤンさん


地方の営業所に転勤になって2年目に入りました。大都市の営業所に居た時は、仲間達と合コンをしたり、結構楽しい毎日を過ごしていました。

しかし、地方の営業所では、同世代の同僚も居ない上に、営業のカバー地域が広く、毎日お客さんを訪問する為に車での移動距離も長く、くたくたで夜遊びをする元気もありませんでした。

しかし、ようやくそんな仕事のパターンにも慣れ、余裕はできて来ましたが、夜遊びを一緒に楽しむ相手もいません。たまに食後にスナックを訪れ、年増のママと話したり、カラオケを謳う程度が楽しみです。

35歳にもなって独身の侘しさをひしひしと感じました。結婚相手は簡単に見つける事は出来ませんでしたが、大都会に勤務していた時は、合コンで知り合った女性と付き合ったり、1夜限りの夜を楽しんだり、あちらの方の不自由もありませんでした。

しかし、地方の田舎町の営業所に赴任以来、欲求不満も蓄積される状態です。夜を満たしてくれる女性を出会い系サイトで探しても見ようと始めて思いました。

かつて、悪友から出会い系サイトの中には、会えそうで会えないと言った、サクラが居るとしか思えない、金ばかり掛かるサイトもあると聞いていたので、大手で口コミ評判も良いサイトを選びました。

結婚期待ではなく、性欲を満たす事が目的の相手なので、若い子よりもテクニックに長け、男性を喜ばせるすべを知ってる熟女が良いと考えました。

熟女でも既婚者は、何かややこし問題に巻き込まれる恐れもあり、バツイチを含め、現在独身である事を条件にしました。

暫くして、ようやく車で30分ほどの町に住む、自称47歳独身の熟女と連絡を取り始めました。

最初は、他愛もない趣味や、さらっと自分の紹介などから始め、徐々にセックスの話題を散りばめ、その反応をお互いに確認しあうような状態が続きました。

そんなやり取りで、何となく波長やセックスの嗜好が合いそうだと確認し、実際に会う約束までこぎつけました。

実際に会うと、バツイチで長く独身の身で、社会で働いているせいか、所帯地味た感じがなく、ポチャッとした体系も私の好みで、当たりだと感じました。

ラブホでの初めてのエッチの時、下着になるのも少し恥ずかしげで、熟女の激しさ、淫乱さを期待していた私は、一瞬え~と言う思いが脳裏をよぎりました。

下着を剥ぎ取り、ギンギンの一物を挿入し、激しくピストン運動で熟女に悲鳴に似たよがり声を上げさせました。男性としての征服欲は満たされたものの、熟女の淫乱さは見られませんでした。

ところが、一戦交えてぐったりしている私の下腹部に手を伸ばした熟女は、手と口であっという間に私を元気にすると、騎乗位で自分に突き立て、激しく腰を使いはじめました。

それからというもの、熟女の淫乱さと、テクニックで私の方が攻めまくられました。その淫乱さを期待していたのですが、余りにも激しいセックスに、久しぶりで溜っていた私も、疲れ果てるほどでした。

熟女の味を堪能し、忘れる事のできなくなった私は、今も月に2,3度、週末にその熟女と夜を共にし、楽しんでいます。


2017-06-11 | Posted in 出会い系体験談 

関連記事