人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

人妻の欲望を垣間見た学生の私

人妻の欲望を垣間見た学生の私
O府 29歳 イクメンさん


これは私が大学生の時のお話しです。

この頃、ちょうどPCMAXが流行りだした時期でもあり、当時、私も彼女と別れたばかりだったので、興味本位で登録をしてみました。

他の出会い系サイトにも登録したのですが、PCMAXは低額でできそうだったので、このサイトをメインにして女の子探しをしていました。

サイトを使いだしてから2週間くらいが経ち、実際に数名の人とコンタクトをしていたのですが、そんな時に、留美子さん(仮名)から一通のメールが来ました。

「人妻なのですが、大丈夫でしょうか?」

その人は都内に住む32歳の人妻でした。私は最初、何かの悪戯か、サクラなんじゃないかと思い、適当に返事をしていたのですが、留美子さんの方から直アドを教えてきたので、疑いつつも直接連絡をすることにしました。

良くある話ですが、留美子さんは旦那に女として見てもらえず、このまま歳をとっていくだけなのかと悲しくなり、もう一度女として見られたいという欲求が高まって、出会い系に登録をしたとのことでした。

なぜ、私に連絡をくれたのか聞くと、若い子が好きというのと、自己紹介で明るく楽しそうな雰囲気が伝わってきたということです。

勿論、写真も載せてましたが、イケメンというほどでもなく、その辺にいる普通の学生という感じです。

留美子さんとはメールで1日に1通くらいのやり取りを2週間くらい続けていました。内容は、他愛のない日常の会話です。特に下ネタなどは一切入れずに、メールをしていました。

するとある日、留美子さんから、来週、旦那が出張なので夜に食事でもしないかと連絡があったのです。

学生で時間に余裕があった私は即決で会いましょうと返事をし、その日を迎えることになるのです。

写真では留美子さんの顔を見てはいたものの、実際どんな人が来るんだろうと内心ドキドキしていました。

事前に服装などを教えておき、念のため電話番号も教えていたのですが、待ち合わせ場所がそんなに人が多いところでもなかったので、すぐにお互いわかりました。

実際に見る留美子さんはスタイルが良く、顔は竹内結子に少し似ていました。心の中ではガッツポーズです。

早速予約していたダイニングバーに行きました。テンションが上がっていた私はお酒も進んで、メールでは聞かなかった旦那さんに対する不満や夜の生活、どのくらいご無沙汰なのかなども質問し、留美子さんもお酒が入っていたせいか、赤裸々に語ってくれました。

2時間くらい話していい感じにお互い酔っぱっていると、留美子さんは唐突に、「今日は旦那が出張だからいつまでも飲めるよ。」と言いだしたのです。

私はメールでは一切下ネタなども入れていなかったので、当然今日は食事して帰るのだなと思っていたのですが、この一言で、男としての本能が完全に目を覚ましてしまいました。

当時私は一人暮らしをしていたので、留美子さんに私の家で飲みましょうと誘いました。

留美子さんは最初、ためらうそぶりを見せましたが、「何もしないのを条件ね。」と白々しいことを言って承諾してくれたのです。

実際はヤル気満々だったに違いありません。

なぜなら、あんなに激しくしゃぶられたのは初めてでしたから。


2017-06-13 | Posted in 出会い系体験談 

関連記事