人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

思わぬ人妻との出会い

思わぬ人妻との出会い
宮城県 41歳 裕也


私が出会い系をしようと思ったのは妻が私とのセックスを拒み始めたのが理由になります。倦怠期というかこの年代になるとセックスレスになる夫婦が多いようで私達の場合も同じようになってしまいました。

ただ、私の方はセックスに対しての欲望というかまだまだ毎日でもしたいという精力の持ち主で、その精力をどうにかして発散させたいと思いハッピーメールという出会い系のサイトでセックスの相手を探す事にしたのです。

初めて使うこの出会い系では何をメールしていいのかも分からずにいて、若い女性などとは全く返事的な返しも出来ずにいたのですが、同じ年齢の女性を見つけてどうしてもその女性と話してみたくなりました。

晶という名前のその女性はぼかしが入っていますがとても綺麗な顔をしているとわかるプロフィール写真で、メールをしている時も顔を想像しながらやり取りとしていました。

話をしていると同じ仙台に住んでいるようで、私の住んでいる所から車で10分足らずに場所に住んでいるという事がわかりました。案外こういう時になると勇気も出なくなっていて誘いの言葉もかけられなかったのですが、驚いた事に誘ってきたのは晶さんだったのです。

私達は両方車での移動が可能だったので、少し離れた国道沿いの喫茶店での待ち合わせをする事にし、その日はなぜかスーツを着て待ち合わせ場所へ向かったのです。

彼女はメールで教えてくれたように白い帽子をかぶって店に入ってきたのですが、二人で顔を見た瞬間に「えっ?」という声をほぼ同時に出したのです。

その女性は小学校からの同級生でもあり中学を卒業して高校がバラバラになっても遊んでいた位に仲の良かった女性なのです。

こんな事があるのかと思いましたが、二人で場所を変えてとりあえずホテルに入り色々と話をしていると晶の方もセックスレスという事でかなり欲求不満の状態という事が分かりました。

私たちは昔の話を懐かしむようにお酒を部屋に頼んでしばらくの間二人だけの同窓会を楽しんでいましたが、ちょっと酔いもまわりほろ酔い気分になると、どちらともなく顔を近づけてキスをし始めたのです。

あんなに幼い頃から遊んでいた晶の唇はとても柔らかで、舌を絡めあいながらのキスは最近キスさえご無沙汰だった私の心を燃え上がらせました。

気が付けば二人共全裸になり、69の体勢でお互いの性器を舐めあっていて、二人の喘ぎ声は部屋中に響き渡るくらいの大きさで、これまでのセックスとは全く違っていました。

お互いに顔を見つめながらペニスを挿入していった瞬間は恥ずかしい気持ちを嬉しい気持ちとでいっぱいで、晶も私の背中に手を回してとても喜んでくれました。

そんな晶とのセックスは私の人生をも変えてくれたようで、週に一度は二人の時間を作ってセックスをして、お互いの寂しさを埋め合う関係になっています。


2017-06-16 | Posted in 出会い系体験談 

関連記事