人妻・熟女は出会い系で釣れ!イチャれるサイトアプリを集めてみた

アレまさかの同級生

地元に住みつくこと早40年余り、女性との縁もゴールへは結びつけることすらできずに、いまだに独り身と言うさみしい現実。親との同居でまだまだ子供しているせいでしょうか。女性とのことは主に風俗で解消、でもこの頃お金を払ってそういった関係になるのが何とも虚しく思えてくるのです。

そこでこの歳でもう一歩前に踏み出すことを決意、それが出会い系サイトです。年齢を重ねてこそ熟女愛が深まる私、当然目に留まるのは30代後半から50代前半の脂の乗り切った熟女たち。熟女たちも欲求を抱えているのか、思いのほか積極果敢にアピールがみられる、登録後はパラダイス感満載だったかな。

出会いはなるべく離れたエリアから探していたんだけど、気分転換に地元から検索。すると一人だけヒットしたのです。「同世代だな、まさか顔くらいは知っているかも」と面白半分で連絡を取ってみることにしました。彼女は対応がよく、メールのやり取りだけでも十分楽しめ、日常報告などを行うのが日課になってきていました。そのうち少し踏み込んだ話へ、彼女は人妻で実はセックスレスとのことです。「これは、お誘い的かな」と心ざわつく、でも「急いてはことを仕損じる」とじっくり概要から固めていくことにしました。

「誘惑してみれば」とか「男はこんなところに興奮するよ」といった感じで彼女のセックスアドバイザーに。結構それが盛り上がってきて、実際に会って煮詰めていくことになったのです。そしてちょっと離れたエリアにあるショッピングセンターで落ち合うことに、そこにあらわれた人妻はまさかの同級生のマリコではありませんか。「えっ何してるのこんなところで、まさか○○くんが」そういってバツの悪そうな顔をするマリコ。私自身も気まずいったらありゃしません。でもせっかくここまで来たのだからとマリコを諭し、車に乗せます。

はじめはこれまでのやり取りには触れず、思い出話などで場を温めました。ただ出会った経緯を考えると、どうしても触れなければいけない部分があります。切り出したのはマリコ「今回のことだけど」私は「わかってるよ誰にも言わない」。マリコ「ううん、そうじゃなくて」「○○くんにアドバイスされてみようかな」と思いがけない申告がなされます。そうなると一瞬にスケベモードの私、「ホントに」と乗り出し気味でマリコに迫ると「何か○○くんエッチそう(ニコッ)」。

そのままラブホテルへと車を走らせ、セックスをしちゃいました。

セックスレスの人妻で同級生のマリコとのセックスは、とてつもなく異様なテンションとなり、これまで体験したどのセックスよりも興奮しました。


2018-10-17 | Posted in 出会い系体験談 

関連記事